CONTINEW haco!


未来へ残していきたいもの、大事にしていきたいものを
どんどん生み出すhaco!のパッションまとめ


突き進めレディ道!カジュアル苦手ちゃんの 「夏の夜にしたいこと、着たい服。」
2019.06.10

突き進めレディ道!カジュアル苦手ちゃんの 「夏の夜にしたいこと、着たい服。」

も、も、も!

こんにちは!
カジュアル苦手ちゃんことくるみです。

私、夏の夜が好きなんですよね。

薄着で外をぷらぷらできるし、昼間ほど辛い暑さはない。
テラス席でごはんを食べているとたまに吹く風が気持ち良い。

そんな「夏の夜」をテーマに、夏の夜にしたいことそこに着ていきたいお洋服を考えてみました。

その1。夜にBBQをする

自宅の屋上やベランダ、
どこか場所を借りたり、

昼よりもムードを楽しめる夜のBBQ。

BBQといえば楽ちんな格好がマストだけど、
ちょっぴり大人な要素も取り入れて。

■食べて飲んでも苦しくないリラックスワンピ

たくさん食べて飲むBBQには、お腹を締め付けないワンピがぴったり。

だけど、だぼっとしすぎない”すとん”としたシルエットや、切り込みが入ったネックラインで女っぽさもしっかり。

■リラックスムードにぴったりなサンダル

さっと履ける感じが、気張りすぎずちょうど良い抜け感を演出。

きらりと光るゴールドカラーならカジュアルになりすぎず、コーディネートのアクセントにもなってくれます。

■「あれ、スマホどこ行った」を防ぐサコッシュバッグ

いろんな人の荷物があったり、テーブルもごちゃごちゃしがちなBBQ。
スマホをどこかに埋もれちゃったり、テーブルの上に置いておくと汚れてしまうことも。

なので、こんなコンパクトなサコッシュがあれば常に持ち歩けるので安心なんです◎

つやっとした質感なので、便利なだけでなくおしゃれ度も抜群です。

その2。しっとり大人なテラス席デート

涼しい風が心地よい夏の夜。
テラス席を楽しめるのはこの時期ならでは。

ちょっとおしゃれなテラス席のあるお店で
デートなんて素敵。

そんな大人なデートは
全体を黒でまとめていつもより大人っぽい雰囲気に。

■目を惹きつける、パールとクリアパーツ

ワンピースがシンプルな分、耳元を華やかに。
クリアなパーツがあることで、夏らしい涼しげな雰囲気を作ってくれます。

ゆらゆら揺れるデザインが、彼の目を惹きつけること間違いなしです。

■大人な黒のワンピース

ふわふわとしたティアードデザインが素敵なワンピース。
1枚でさらりと着れるのに、しっかりおしゃれに決めてくれます。

足首まである長めの丈で、より大人っぽく。

■輝くパールのサンダル

足元にはきらきら輝くパールのサンダルを。
細いストラップとパールで女性らしい華奢な足元に。

サンダルは細いストラップの方がレディ度がぐんっとアップ。
色っぽさもあるので、大好きなデザインです。

その3。夏祭りに出かける

今年はひさびさに夏祭りに行ってみようかな。

りんご飴やベビーカステラ、
お祭りならではの食べ物ってなんだかわくわく。

お祭りにぴったりな「浴衣生地」の
ワンピースを着て行ってみませんか?

■浴衣生地のワンピース

京都にある浴衣屋さんの生地を使って作られたワンピース。
綿100%なので人混みの暑い夏祭りにぴったり。

たっぷりのギャザーのふんわり感もまた素敵です。

■楽ちんサンダル

たくさん歩く足元は楽ちんがマスト。
黒い2本のベルトに1本のシルバーのベルトがアクセント

足元にアクセントをプラスしてくれます。

■手ぶらになれるかごバッグ

食べ物を持ったりするので、ショルダーバッグで手元は手ぶらに。
まんまるなシルエットがかわいらしいバッグです。

夏の定番のかごバッグですが、ユニークな丸デザインなら人とかぶりづらくて良いですね。

■寂しい手元にアクセント

ノースリーブのワンピースってちょっと手元が寂しく見えがち。
ゆらゆら揺れるフリンジのついたデザインで、華やかに。

その4。野球のナイター観戦

球場の熱気がむんむん。
蒸し暑さの中、応援しつつビールをぐいっと。

夜のスポーツ観戦もまた楽しいもの。

デニムにユニフォームの応援スタイルはいかがですか。

■汗でぺたんこになった髪の毛をカバー

人も多いし、応援をすると汗だくに。
前髪や髪の毛がぺたんこになっちゃうのが気になる方は、帽子を持っていくのがおすすめです。

スポーツ観戦らしい、キャップをかぶって。

■ユニフォームも着やすい大人Tシャツ

せっかく応援するなユニフォームを着たい!
それならトップスは洋服の上から着ても、もこもこしないシンプルなものがおすすめ。

首回りがざっくりしたTシャツなら、大人っぽさもありつつ、ユニフォームを着ても着膨れもしないのでちょうど良いです◎

■座っても苦しくないワイドパンツ

座って観戦するので、スキニーパンツよりもゆとりがあるワイドパンツがおすすめ。

ワイドすぎないすとんとしたシルエットがレディにも履きやすい。
Tシャツはデニムにインして着こなすとよりよりスタイルよく見えます。

▼こんなデニムサロペットも良いかも

Tシャツにデニムじゃカジュアルすぎるなという方はサロペットはどうでしょうか?

背中がレースアップになった、カジュアルながらも女性らしさもあるかわいいデザイン。
肩部分も細い紐になっているので、体を華奢に見せてくれます。

■階段もすいすい、スポーツサンダル

球場は階段が多いので、動きやすさは大事。
しっかりと足が包み込まれたスポーツサンダルはぴったり。

足はしっかりと包み込まれていますが、ベルドのデザインになっているので、ほど良い抜け感を作ってくれます。

 

夏の夜をもっと楽しく

冬よりも、外に出て楽しむことが増える夏の夜。
どんなことをしたいですか?

夜を楽しむ洋服を着て、楽しい夏の夜を。