CONTINEW haco!


未来へ残していきたいもの、大事にしていきたいものを
どんどん生み出すhaco!のパッションまとめ


LOVE AND PEACE PROJECT

世界中のこどもたちにしあわせな未来を。

LOVE AND PEACE PROJECT

2001年9月11日、ニューヨークで起きた悲しい事件をきっかけに、「世界中のこどもたちにしあわせな未来を」というメッセージを込めて始まったLOVE AND PEACEプロジェクト。Tシャツ一枚から始まった思いに共感いただいた様々な人たちとコラボレーションしたアイテムを基金付きで販売してきました。

全てはこの1枚のTシャツから (2001年)

「この事件に対して、わたしたちにできることは?」というわたしたちからの問いかけに対し、「ひとりではできないこともみんなでやればできる」「こどもたちにしあわせな未来を」など、たくさんのご意見が寄せられたことをきっかけに、

「みんなができることをすれば、きっとすごいことができる」

というコンセプトのもと、メッセージを発信しながら基金もできるTシャツが生まれました。このTシャツは、新聞、雑誌をはじめとするさまざまなメディアで次々に取り上げられ、大人サイズ、子供サイズ合わせて11万枚以上を販売し、基金総額は3000万円に達しました。

 

6万人で平和を願うイベント開催 (2002年)

~「平和への思いを込めて、9月11日にTシャツを着て写真を撮って送ってください」~の呼びかけには、日本中で、同じ日に6万人の人が同じTシャツを着て平和を願うことができました。

 

PEACE BOOKの発売(2003年)

1枚の基金Tシャツから生まれた、これらの想いを伝えたい、残したい、という思いで作られました。年齢も、性別も、職業も、人種も、いっさい関係なくみんなが同じ方向に向かって作った本です。

この本の制作にあたり、20人のアーティストたちが20通りの方法で子どもたちに残したいピースのかけらを表現してくれました。さらに、さまざまなアーティストの方たちにラブアンドピースをテーマにした作品をご提供いただき、2003年から2012年の間「ラブアンドピースメッセージTシャツ」として販売し、基金を継続してきました。

ラブアンドピースメッセージTシャツの一例

参加アーティスト(50音順) /石川三千花さん/伊藤存さん/イッセー尾形さん/楳図かずおさん/エンライトメントさん/おおたうにさん/岡尾美代子さん/カタオカメグミさん/桐島洋子さん/古武家賢太郎さん/ゴマのみなさん/斉藤ネコさん/蔦谷喜一さん/田中知之さん/仲井戸麗市さん/中野裕之さん/白承坤さん/服部一成さん/花代さん/日比野克彦さん/ひびのこづえさん/藤代冥砂さん/ホンマタカシさん/松浦弥太郎さん/やなせたかしさん/湯川潮音さん/100%ORANGEさん/IMALU さん/KITTY/Leyonaさん

 

9.11の2001年から10年目の2011年「東日本大震災」

世界中の子供たちのしあわせを願い、駆け抜けた10年。そんなときに起きた東日本大震災。予期せぬ天災に見舞われてしまった子供たちにも、同じようにしあわせな未来を残したい。改めて、ラブアンドピースプロジェクトを見直すことになりました。もう一度、ラブアンドピースプロジェクトとしてできることとは何か?

・予期せぬ出来事が起こったときには隣にいる人と力を合わせてすぐにアクションが起こせるようなhaco!であり続けたい。
・おしゃれをきっかけに、絆や想いが広がっていくhaco!でありたい。
・LOVE AND PEACE PROJECTを、より広がりのある参加型プロジェクトにしたい。

この想いを胸に、これまでのTシャツの枠を超えてワンピースやアウター、スカートやファッション小物などまで企画枠を広げ、同時にファッションアプリ「WEAR」とコラボレーションでLOVE AND PEACE PROJECTを発信し、より広がりのあるプロジェクトへと発展していくことになりました。

 

SNS投稿で寄付に参加できる企画

より多くの人がプロジェクトに参加できるよう、商品の一部が基金として寄付される仕組みとは別に、ピース写真と指定のタグをWEARに投稿すれば10円の寄付に参加できる企画を2015年から始めました。

2015 LOVE AND PEACE PROJECT
ーおしゃれをすることで未来につながるプロジェクトへー

この年から、女優・モデルとして活躍する高橋愛さんがプロジェクトに賛同してくださり、コラボレーションが始まりました。高橋愛さんのアイデアを込めたファッションアイテムに、LOVE AND PEACEの想いをのせて基金付き商品を販売。投稿が寄付につながる「WEAR」では2015年9月11日~9月30の期間で4,898投稿を集め、48,980円をhaco.より公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ寄付しました。

2016年には新たにスザンヌさんがプロジェクトに賛同してくださり、熊本地震で被害を受けた子供たちへの支援をしました。2016年9月11日~9月30の期間で7,077投稿を集め、70,770円をhaco!より公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ寄付することができました。
商品の一部が基金として寄付される仕組みと、SNS投稿で寄付される仕組みの2本立てでプロジェクトの輪はどんどん広がり、これまで寄付機会のなかった年齢層や男性の方にまで寄付を募ることができました。

昨年のLOVE AND PEACE PROJECTでは高橋愛さん、スザンヌさん、吉岡里帆さんに賛同していただき、全17のファッションアイテムが誕生。SNS投稿での寄付を「Instagram」「Twitter」でもできる仕組みをつくり、2018年も引き続き取り組んでいます。

これまでの寄付金総額と、2017年の寄付金の使い道について

これまでの基金、および寄付金総額は85,197,004円に達しています(2018年4月末現在)。
集まった基金は、世界のこどもたちのために活用され、2017年に集まった寄付金は、特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンを通じて、ネパールの校舎建設と支援を必要とするこどもたちのために役立てられました。(下記レポートをご覧ください)

どれだけ時が経とうとも、忘れてはいけない“できごと”や“想い”があります。何かが起きてしまった時に、心を動かし、自分たちなりのアクションができるみなさんと一緒に、こどもたちの未来を描く活動を形にしていきます。私たちに「今」できることを、自分らしく。